360VIEW

#141 宏池会が電撃解散

aap_heiwataishi
ウォッチ!永田町〜ここがポイント国会情勢〜

宏池会が電撃解散

Q
text by 山岡忠志

やまおか・ただし=政治ジャーナリスト

通常国会開幕前から政界は激しく揺れている。自民党派閥パーティー収入不記載事件を受けて、岸田文雄首相(総裁)が1月18日、歴史ある宏池会(岸田派)の解散を電撃的に表明したのだ。「世論迎合解散か」「自分の会計責任の罪状を検察に突き止められ、見逃してもらう代わりに派閥解消を検察に約束させられたのか」など、様々な憶測が永田町で飛び交った。

この記事を購読するには、「オンライン会員」への登録手続きが必要です。
すでに登録がお済みの方は、ログインしてお読みください。

HEIWATAISHI:onlineについて

オンライン会員登録

記事URLをコピーしました